当院で初めて受診される方へBeginner

当院で初めて受診される方へ

保険診療と自費診療の違いについて

保険診療

保険診療とは世界的に見ても珍しい治療で、日本独自と言ってもいいかもしれません。保険診療は、国が7割から9割の費用を負担してくれるとてもありがたい保険です。

しかし、その治療内容というものは、そもそも長期的に虫歯にならないようにすることや、審美的に満足したものにするといったことを考えた治療ではなく、全ての人が平等に医療を受けるために定められた保険のため、その時ある程度噛めるようになればいいということのみ考えられた治療です。

そのため、材料自体の変形や劣化が起きるなど、経年的に劣化を起こします。
また、保険診療は金額的に安価である分、歯科医院で使う型取りの材料、接着剤などすべてのものも安価な材料しか使用できないため、元々出来上がってきた被せ物詰め物、だけでなく、歯周病治療、根管治療などの精度も落ちてしまいます。そのため、再治療が頻繁に起き、どんどん健康な歯が失われていきます。

自費診療

保険診療・自費診療

世界では日々、沢山の治療法や材料が出てきており、今現在1番成功率が高い治療法は何か、良い材料は何かと研究が盛んに行われています。それらをしっかり選択し、患者様一人ひとりに合ったものを使用して治療が行えるのが自由診療です。

保険診療で使っている被せ物の型取りの材料は硬化して口腔内から取り出した段階で少しずつ変形がおき、その変形した材料で被せ物を作成するため、確実に口腔内では適合が悪くなります。
しかし、自費で使用されるシリコン印象材(ゴム質の型取り材料)は硬化後に口腔内から外した後でも変形が起きず、綺麗な状態を保ち続けるため、被せ物の精度は保険診療よりも高いです。
また、接着剤も保険診療と自費診療とで分かれており、 保険のものは簡単に言うとノリのようなもので貼り付けるだけなので経年的に溶け出てくる可能性がございます。一方で自費のものは完全に歯とくっつける、瞬間接着剤のようなものなので、経年的な劣化が起きず、被せ物が取れてしまう心配がございません。

治療器具

歯周病の治療につきましても、重度に進行した歯周病により溶けてしまった骨を再生させる材料も自費になります。
根管治療に使われる薬も保険診療では使えないような治癒力の高い、安全で効果の高いものを使用します。
自費診療を勧められると、高いものを勧められた!と懸念される方もいますが、自費診療とは、高い治療費の分、長期的に長持ちする治療法なのです。

私たちは、講習などにも参加し、日々患者様のためになるよう技術を研鑽しています。
その技術をいかんなく発揮するためには自費診療でしか補えないのも現状です。
そのため、当院では患者様に選択肢の一つとして、自費診療を推奨しております。

マイクロスコープ装着での治療

当院では、常時拡大鏡を
使用しています。

拡大鏡とは、メガネのように顔に装着する装置です。拡大鏡を使うことで明るく、拡大された視野を確保することが出来ます。そのため肉眼では分からなかった箇所も見ることができ、よりレベルの高い治療を行うことができます。

また、当院ではマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)も使用しており、口腔内を正確に確認することができます。拡大鏡とマイクロスコープの大きな違いは「最大拡大率が大きいこと」「拡大率の変更ができること」があげられます。
拡大鏡の拡大率は2~10倍程度ですが、マイクロスコープでは最大20倍程度のものもあり、拡大鏡では気づけないところも気づくことができます。
治療箇所を見やすくするために、拡大率を変更できることもマイクロスコープの特徴です。
また、マイクロスコープから医師が見ている映像を記録することもでき、静止画、動画で患者様と一緒に確認していただくこともできます。

当院の治療方針

快適に噛める喜びをご提供

快適に噛める喜びをご提供

当院の患者様はご年配の方が多く、特に近所の60代以上の方が良く来られます。
お車を使われるケースが多いですが、中には徒歩で来られる方もいらっしゃいます。 高齢になると歯を失ってしまう方も出てきますが、まだまだ入れ歯やインプラント治療の認知度が低いと感じます。

「噛める心地よさ」を求める方に応えられるよう、さまざまな治療方針をご紹介しています。

根管治療に力を入れる

根管治療に力を入れる

私は歯周病治療について力を入れて学びました。基本的な治療はもちろん、外科処置や再生療法についても学び、患者様一人ひとりの症状に合わせた歯周病の根本的改善を目指し、常に治療に当たっています。

歯周病でお悩みの方を1人でも多く助けられるよう努めてまいります。

現場で学ぶ+最新歯科医療を知る

現場で学ぶ+最新歯科医療を知る

患者様の治療で学ぶことは大変多く、常に技も磨かれていると感じています。そして現場の経験だけに頼らぬよう、常に最新の歯科医療の情報にもアンテナを張り、治療結果の精度を上げることに尽力しています。

妥協せずに治療をすることで、治療結果は長持ちするでしょう。それなら、長く歯を大事にしてもらうために、しっかりと納得のいくまでこだわって治療をするのが歯科医師の仕事だと、私は思っています。

当院の治療の流れ

Step1.予約

当院へ予約します。
WEBまたはお電話にてご都合の良い日時をご予約頂き、ご来院下さい。

Step2.来院・問診票の記入

ご来院しましたら、受付を済ませ、問診票を記入して頂きます。
ご来院理由・お口の状態・気になる事など治療に関することをご記入下さい。
また、服用中のお薬などありましたら、ドクターや衛生士または問診票へご記入しお伝え下さい。

Step3.検査

お口全体の健康状態を確認する為に検査致します。
お口の状態によって、レントゲン写真、口腔内写真、虫歯、歯周病などの検査を受けて頂きます。

Step4.カウンセリング

レントゲン写真をお見せしながら、検査結果をお伝えします。
お口の状態を分かりやすく説明し、どのような治療が必要かお話しします。
また患者様からの歯の健康に関するお悩み、ご要望を伺い、ご納得頂ける治療法を案内致します。

Step5.歯のお掃除

治療前に歯のクリーニングを行い、口腔内の衛生環境を整えます。
口腔内には常に、虫歯や歯周病の原因となる細菌がいて、ゼロにする事はできませんが、ゼロに近づけるくらいお口の状態を清潔に保つようにしていきます。

Step6.治療

患者様に合った治療を進めていきます。
治療途中で最初に立てた治療と多少異なる場合もございますが、その際はドクターより再度説明がありますので、ご安心下さい。

Step7.治療後

治療が完了したら終わりではなく、歯の健康を保つ為に定期的なメインテナンスを案内しております。
お口の状態によって異なりますが、3~4ヶ月に1度のメインテナンスをおすすめしています。