ドクター紹介Docotor

ドクター紹介Docotor

院長・小林 諒
院長
小林 諒
Ryo Kobayashi
経 歴
  • 2014年 日本大学歯学部 卒業
  • 2014年~2019年 浅賀歯科医院 副院長勤務
  • 2019年 岡田小林歯科医院 院長就任
所属学会・勉強会
  • ・日本口腔インプラント学会 専修医
  • ・日本歯周病学会
  • ・日本額咬合学会
  • ・日本インプラント臨床研究会所属
  • ・日本大学保存学第三講座所属
  • ・小学校学校医

価値ある歯科治療を
誰にでも
いつでも
平等に提供する

岡田小林歯科医院、院長の小林諒です。当院は、先代の院長である父が開業し、たくさんの方に支えられながら30年以上に亘って地域の皆さまのお口の健康維持をサポートして参りました。

2019年より、院長の意志を引き継ぐ形で私が院長を務めさせていただくこととなりました。 先代の院長が築いた歯科治療を礎とし、「患者様に寄り添い、細部にまでこだわり抜いて治療をすること」を信条に、新しい歯科治療も取り入れながら日々治療に邁進しております。

症状説明

私は、2014年に日本大学歯学部を卒業した後、勤務医として埼玉県の越谷市にある、浅賀歯科医院にて勤務を行っておりました。
浅賀歯科医院の現理事長である浅賀寛先生に多大な影響を受け、現在も、浅賀先生を目標に歯科治療の向上に努めております。

「価値ある歯科治療を誰にでもいつでも平等に提供する」
歯科治療の大原則ではありますが、このことが徹底できていない歯科医院が増えてきているのも現状ではないかと考えております。
価値ある歯科治療を提供するため、現在でも、首都圏の学会や勉強会に積極的に参加し、そこで学んだ技術を患者様に還元していきたいと考えております。

治療

-歯科医院は痛みや症状が出てから行くところ-
そんなイメージも払拭していきたいと考えています。
何も問題がないことを確認することこそ、最も価値のある治療内容だと考えています。

患者様にとって、気軽に通っていただきやすく、何でもご相談いただけるような歯科医院であるよう、努力して参ります。

医院案内Clinic Info

当院について

当院について

当院は細部まで妥協のない治療を信条に、患者様のお悩みにしっかりと向き合い、改善するための根本的な治療をご提案いたします。
まずはお口の中を細かく確認し、現状や考え得る治療法を全てお伝えします。歯科医師側で一方的に治療方針を決めることはありません。
保険診療と自由診療で可能な処置が違うため、その差についてもていねいに説明いたします。患者様に治療内容をきちんと知っていただいた上で、相談をしながら方針を決めていきます。

患者様がお口の健康を長く維持していくためには、ご自身のお口に合う治療を受けることが重要です。当院では細部にまでこだわった治療で、少しでも良い状態が続くよう努めております。

例えば、つめ物やかぶせ物には歯との適合性という重要な問題があります。これが高くないと歯と装着物の間に汚れが溜まり、お口のトラブルが発生しやすくなります。しかし、患者様ご自身で装着物がお口に合っているかを判断するのは難しいでしょう。当院では、患者様の目では確認できない部分にまでこだわり、治療後も良い状態を維持しやすい処置を心がけております。

設備紹介